09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

CPUクーラーを交換してみた 

気温がずいぶん上がってきて、最近は厚着もしないようになってきました。
…と、人間は簡単に暑さ寒さを調整できてもパソコンは出来ません(^^;
んで、何故こんな話題になったのかというと、↓

シズさんが新しいパソコンを組み立てて、そのときに付けたCPUクーラーのおかげでマビノギを起動していても42度とか言っていたので、自分も気になって温度を監視してみました。

使用したソフトはCore Tempというフリーソフト。以前のksパソでも一時期使ってたソフトです。

いざ温度を測定してみると……脅威の80度越えΣ(-∀-;)
Core2シリーズは異常な温度を示すことがあるらしいですが、いくらなんでもこれはちょっと。。。精神衛生上よろしくないですw

その温度を報告したら……CPUクーラーを替えろと言われましたw さすがにリテールじゃ限界がある、と。

メーカー製のksパソならまだしも、今のパソコンはBTO中古とはいえゲーム用PC。クーラーは替えられる。なら、替えてやりましょうってわけで即効で密林に発注してました←

そして届いた新しいCPUクーラー。
CIMG2466.jpg

COOLERMASTER社製のHyper TX3 EVOです。とあるサイトでの評価が良かったので買いました。この会社はロゴがあまり好きではないのですが、どうせ組み立てたらロゴなど見えないだろうということでこれにしました。よく冷えてくれるならそれでよし。値段は3kとちょっとでした。

まずは開封。サイドフロー型のせいか結構大きいです。真ん中の箱は説明書やらの付属品が入ってます。左は大きさの比較用のウォークマンですw
CIMG2444.jpg

裏側はこんな感じ。なかなか映えるヒートパイプです。でかい。これなら良く冷えてくれそうです。…シールの上から触ってみたらヒートパイプとベースの間に微妙に段差があったのは気にしないことにしよう(ぇ
CIMG2445.jpg

横から見るとフィンの多さが分かります。本当によく冷えそうだw 今回は交換していませんがこのクーラー、ファンが取り替えられるようになっています。フィンにかかってるブラケット?で簡単に替えれるとか。
CIMG2446.jpg

さて、所感はこのくらいにしてさっさと替えていきましょう。

クーラー取替えに使った道具たち。
CIMG2443.jpg
・ティッシュ(グリス拭き取る用)
・クーラー(当然)
・工具セット(使ったのはマイナスドライバーの1番と2番のみ)
・スプーン(グリス伸ばす用)
・三脚…(作業中の肘置き←オイコラ)

まずは、CPUクーラー自体を組み立てますが、その間、パソコンにはFFⅩⅣのベンチマークをやらせてグリスを温めておきます。温まらせればなんでもいいんですけどww

映像には目もくれずにCPUクーラー自体を組み立て。全部出すとこんな感じ。説明書も結構イラストで書かれてるので日本語部分見なくても作れます。他にもAMDのCPU用なんかの部品もあります。
CIMG2448.jpg

ソケットの形に合わせた場所にネジでプッシュピン付きの台座を固定するだけです。ここは1番の+ネジ。…なんですが、行方不明だったので1番のマイナスドライバーを使いました。よい子はまねしない。
CIMG2449.jpg

そういえば、今回使ったCPUクーラーは簡単なプッシュピン方式ですが、本来はマザボの後ろからちゃんと黒い部分が出てるか確認したほうがいいそうです。そして一部のケースにはメンテ用にサイドパネルを開ければCPUの裏側にアクセスできる穴があるそうで。

だがこのケースには無かったorz
CIMG2450.jpg

…んですが、5インチベイのところに小さな配線を通せそうな隙間を発見。今度必要になったら使ってみますw

CPUクーラーの組み立ても終わり、結構CPUも温まったので遊んでないでここからリテールクーラーを外します(`・ω・´)
CIMG2452.jpg

四隅にあるピンを矢印の方向に回転させ(固かったらドライバーで)、引き抜けば外れます。念のため、作業する前に金属に触れて静電気を逃がしておきました。それにしてもリテールクーラー、汚いwww

リテールクーラーを外すとCPUが見えるので、熱が冷めないうちにグリスを拭き取ります。これについてはいろいろな意見がありますが、温めたせいかティッシュで拭くだけで結構綺麗に落ちてくれます。ソケットカバーとかにもグリスが付着していたのでついでに掃除。

そしてここで驚いた。

なんとなく気になってCPUを外し、端子を見てみると……薄くグリスが付いてるんですけど。前の持ち主、グリス交換したとは言っていましたが、ド下手なようです(苦笑
ってか、CPU端子にグリス付いてると最悪動かないので、ここは丁寧に掃除しました。

5分ぐらいかけて、綺麗にグリス掃除。文字が綺麗に見えるくらいまでやりました。

んで、次にグリス散布。先の平べったいスプーンで丁寧に伸ばします。粘度は高くないのでやりやすい。あと、ヒートパイプに段差があったので、中央部は少し多めに、端に行くほど薄くしました。
CIMG2456.jpg

下手なのは気にしないw


取り付ける前に大きさ比べ。ファンの大きさはそう変わりませんが、フィンの大きさは比べ物にならないくらいですw
CIMG2457.jpg

そして……マザボに装着!でかいww 存在感がすごいですww
CIMG2462.jpg

あ、手前のファンは気にしないw

クーラーも無事装着して、線を繋いだら起動させてみます。CPUのグリスの件もあって少し緊張w ロゴが出たときにはとりあえず一安心w
CIMG2463.jpg

これで無事にCPU交換を終えることが出来ましたb
少し気になったのは、CPU横のチップセットの冷却です。また今度いじってみるかなー。
誰かの参考になれば…とか言ってみたいですが、初心者がやったことなのでやるときは自己責任でお願いします(^^;

温度についてはまた次回で。



おまけ 本日のオチ

ロゴ見えないと思ったら…
CIMG2464.jpg
写真では見にくいけど、まるっきり見えとるがな。誰だこんなところにダクト作ったのはw
スポンサーサイト

[edit]

« ちょっとお疲れ気味。。。  |  桜の写真をちょこちょこと撮ってみた »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://euphoria36.blog.fc2.com/tb.php/3-4d206046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。